ボビー・フィッシャーを探してとか…

0

    「ボビー・フィッシャーを探して」(Searching for Bobby Fischer)
    1993年アメリカ映画
    チェスの天才少年の父による実話の書籍が原作です


    70年代に 凄いチェスの達人の少年がいて それがタイトルにある
    ボビー・フィッシャーなんですけど
    この映画の主人公も7歳の少年で 天才的なチェスの名手

     

    でも 原作がお父さんが書いたものですし
    この映画も どちらかというと 親や周囲の大人目線の作品です

     

     

    子供達はみんな とても可愛いですし(ジョシュとジョナサン特に)
    一般的に なかなか良いお話だったですよ

     

    私の持論なんだけど


    どんな子も 特別に凄い能力を発揮する可能性を秘めているって
    考えています 一人残らずね

     

    でも いかにして
    その芽を大人どもが摘み取ってしまわないかってことですよねぇ

    それが 人類の幸せにつながると思いますよ はい

     

    自分が我が子に対して そう出来ているかは疑問っすけどね(;´Д`)

     

    映画の感想 以上でーす
    昨日 キリ番の絵は描きおわりました2016-10-06 17.57.57.jpg

    濃いですねぇ; くちびる黒いのどうやって可愛くするか悩みました; V系ぽく描きましたーヽ(・ω・*)ノ


    Kiriban 40000 by chienu on DeviantArt


    今日は コミッションの絵 描いてます〜

    服がどうなってるのか 間違ってるかもしれない……

     


    click here
    ↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
    にほんブログ村



    Tumblr Twetter Instagram pinterest lastfm facebook deviant-art flickr google-plus TINAMI

     

     

     

    それでは〜

    ノシ

     

     


    ローリング・サンダーとか海街diaryとかケモ…

    0

      「ローリング・サンダー」(Rolling Thunder)
      1977年アメリカ映画
      うわー 時代感じるぅぅ すっごい70年代!!!
      もう この感じって アメリカのみならず 日本もこんな雰囲気だったと思う
      いやぁ レーン少尉の役とか 高倉健が演じていても違和感ないわって思う程
      邦画に置き換えられるわ〜……

       

      といってもですね こんな映画 よくあるよねーとはちょっと違うんですよ


      なんて言ったらいいのかな 独特な面白さは もしかしたらキャラクターが良かったんかも
      私は特にリンダが気に入ってたので 楽しく観ることができましたね
      そして めっちゃくちゃ若い 若者って感じのトミー・リー・ジョーンズ
      こんな若い時の映画 初めて観たかもwww


      ストーリーも好きですよ
      一応 背景にベトナム戦争があるわけですけど
      捕虜になって 拷問を受けていた時点で 一度死んだような心境だったのかもしれないです
      さすがのアメリカでも敗戦してしまって この空虚を描こうと 考えたのかな…

       

       

      「海街diary」(うみまちだいやりー)
      2015年日本映画
      あー…漫画あんまり読まないんで この作品も原作知らずに観ました
      でも私 昔は吉田秋生ファンだったんですよ バナナフィッシュのころぐらいまで?かな 
      それで なんとなくですが 吉田先生の作品って知ったら なるほど〜って思いました

       

      わりと 始まってすぐぐらいから この映画 めっちゃよくできてる!って思いました
      始まって15分も経ってないうちから ちょっと泣いたしwww

       

      それにしても すずちゃんが まじで眩しい!!!可愛い!!!!可愛すぎる!!!
      それにまえだまえだの弟も可愛かったよw

       

      あと 家もいい あの古い家 カマドウマくらいしか登場しなかったけど

      たぶん脚の長さ5cmはある脚の数何十本もあるゲジとか夜に壁にくっついてそうwww


      てか こんな綺麗な娘ばっか4人も生まれるとか どんな父親だったのか

       

      感想で役者を可愛いとか綺麗とか言ってしまうと 映画自体の内容が薄くなっちゃうけど
      本当に 解りやすくて美しい映画でしたよ さすが是枝監督
      ホントに 観てよかったです(●´∀`●)


      これで 映画の感想おしまーい

      先週からずっとコミッションの絵を描いてますけど
      マジ この辺でちょっと ミンクさんにシフトしたいっす……
      あぁ . . . . 今 注文が難題過ぎて後回しにしてる絵もあるけど
      その前に ミンクさん着手したいですなぁ(;´Д`)

       

      今日 描き終えたのは もはやケモ耳とかではなく獣人までいったのです

      kemocommission.jpg
      これ系 今まで描いたことはなかったけど 連続で依頼あったので
      少し慣れましたw

       

      ホンマは下半身がR-18の絵ですから 大丈夫っぽい部分だけ切りとりました〜

       


      click here
      ↓↓↓↓↓↓
      にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
      にほんブログ村



      Tumblr Twetter Instagram pinterest lastfm facebook deviant-art flickr google-plus TINAMI

       

       

       

      ほいじゃまた〜〜
      ノシノシ


      タイトルが長いから(映画3本)

      0

        「アイルトン・セナ〜音速の彼方へ」(Senna)
        2010年イギリス映画
        ドキュメンタリー映画です。


        ちょっと前に 「RUSH」を観たので
        同じ様な(ちょっと違うけど)内容を今度は
        本人のドキュメンタリーで観直した感じw

         

        人間の問題として いつもつきものなのが
        利権ですね… あ〜ぁ またかよ〜って思う
        これは 権力を持つと 良い人と言われていた人でも
        権力者らしくなっていく法則みたいな…

         

        そんでもって 新しいテクノロジーとか
        やっぱり公平なレースが出来てなかったんだな〜って

         

        ボードからの走行中の映像が ホントに恐ろしい
        こんな 0.001秒でも油断したら死ぬ!って事をやってたんだから
        超人的な競技ですよねぇ
        しかも 自分の運転技術だけじゃなくて 車の状態がどうかで
        走行に影響が大きいんだから マジで怖いっすー

         

         

        なんか バカみたいな感想になってしまった;


        後半は嫌な予感しかなくて でも 実際セナが亡くなった瞬間は
        あまりにも呆気なくて ちょっと信じられなかったです

         

        アラン・プロストがアイルトン・セナ財団に関わっているんですね
        プロストも 結局セナを愛してたんでしょうね…たぶん 私はそう感じましたよ

         


        「レヴェナント:蘇えりし者」(The Revenant)
        2015年アメリカ映画
        あぁ〜凄い映画だったぁ…… めちゃくちゃ良かったです

         

        えーと かなり昔(60〜70年代?)のアメリカ製のウエスタン映画って けっこう白豪主義というか
        原住民をやっつける正義のヒーローが白人ってパターンが主流だったような

         

        そんで 少し進んで そこまであからさまに ネイティブアメリカンを攻撃しなくなっていって
        「ダンス・ウイズ・ウルヴス」とかいう感じだったかも 90年くらい?
        その後も なんだかんだあったと思いますが
        とうとう もうレヴェナントまでくると すでに悪人は白人だったりしましたw

         

        つうか 人間もほんの少しだけ 人道的方向に 進歩していると思っていいのかなぁ

         

        はぁ…まぁ 映画ですしCGだとは思っていても 熊が!  . . . グリズリーが恐ろしすぎる;;;;
        大体ね ニュースとかで 熊に教われて亡くなった人の報道とかあっても
        実際 どんなに激しく負傷したのか知る由もないですし
        うえぇぇ 自然をなめたらダメですねぇw どんなに恐ろしくても 生物はみんな好きですけどね!

         

        というか 現代の都市生活で 自然をすっかり忘れて生きている私たちって
        夜の暗さも 冬の寒さも 食料を確保する技量も 全部忘れているよね


        私 数年前から 子供達によく話しているんですよ

         

        本当の夜の真っ暗闇の話
        真っ暗すぎて 自分もどこにいるのかわからない
        森に何がいるのかわからない そんな感覚  . . . .
        神様や妖怪がいるって 思っちゃうの わかるなぁ〜って思います

         

        この映画を観て 改めて ヒトも大自然で野性的に生きていたことを
        痛切に思うわけです

         


        「遊星からの物体X」(The Thing)
        1982年アメリカ映画
        今回 これ観たの6回目ですよ 観すぎだよ同じのばっかり
        初めて観た時は これが私の1番好きな映画だよ!!!って思いましたね
        最高だ これ以上の傑作ってあるの?ぐらいにwww

        まぁ もう落ち着いたものですよ
        もう30年以上経ってますからね  . . . . 年齢がバレますよw
         
        私 案外 子供ん時から そんなに漫画って読まないですし
        今も めったに読みませんけど そんな中 一番好きな漫画は
        昔からずっと「寄生獣」なんですよ〜

        なんか 被りますねぇ寄生獣とこの映画w

         

         

         

        ということで 語れば語るほどに
        言葉が稚拙になりますので これで映画感想は終わります〜
        3本貯めるとキツいです;;;;;

         

         

        今日も暑くて 体調はイマイチでした


        一応 動画用の絵は 男子3人 それなりに描きました

        2016-09-07 15.25.36.jpg
        今日は 女子を描き始めました〜

         

         


        click here
        ↓↓↓↓↓↓
        にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
        にほんブログ村



        Tumblr Twetter Instagram pinterest lastfm facebook deviant-art flickr google-plus TINAMI

         


        そんじゃまた〜

         

        ノシノシ

         

         

         

         


        プロジェクトA、ヤンヤン夏の想い出、ジャージー・ボーイズなど

        0

          「プロジェクトA」(A計劃) (Project A)
          1983年香港映画
          私は何度も観た映画ですが うちの子が観たいということで
          観ました〜 あー久しぶりすぎて わりと新鮮でしたよぅヽ(・ω・*)ノ
          ジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウの
          全盛期ですねぇ 楽しい楽しい香港カンフーアクション映画の金字塔っすね

          私のバンド仲間の子のお母さんがハマり過ぎて 20回くらい観てたのを
          思い出しますww 個人的想い出w

           

           

          まだ中国に返還されてない頃の香港なので
          なんとなく イギリスの影響下にある印象

          実験的でアイデア満載 マジでワクワクする
          やっぱり楽しかったです(●´∀`●)

           

           

          「ヤンヤン 夏の想い出」(ーー) (Yi Yi :  A One and a Tow)
          2000年 台湾、日本映画
          日本より少し遅れてちょっとバブリーな雰囲気の頃の台湾という感じがして
          家族のドラマなのに どことなく昔のトレンディドラマみたいな雰囲気でした
          ちょい役なのに イッセー尾形の存在感が強すぎw
          イッセー尾形 カッコいい

          内容はまぁまぁかなぁ 若い子達がいい演技だったと思いました
          子供の感性というのを よく描いている作品だと思います

           


          「ジャージー・ボーイズ」(Jersey Boys)
          2014年アメリカ映画
          劇場で観たかったのに観られなかったのでレンタルで…
          うー やっぱ音楽って最高に好きだなぁぁぁって思いました
          それだけで泣けてくるほどにね(゚Д゚;) 途中から ほんとに泣きながら観てた
          いや 普通は泣かないと思います 私は変だからwww

          これ舞台のミュージカルを映画化したんですね
          フォー・シーズンズは実在した音楽ユニットですし
          カッコいいヒット曲が映画の軸になってる♪
          メンバーのボブ・ゴーディオが製作に携わってるみたいですし
          ホントに音楽を楽しめる映画〜!
          最後のフィナーレのシーンがみんな可愛くて
          おまけにクリント・イーストウッド監督も可愛かったですww

          めっちゃ良かった〜〜〜。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ


          つうことで 念願の映画の感想
          一挙 3本済ませたね たいした感想じゃないですけど
          鑑賞メーターみたいなもんですハイ

          あーーー 映画は観たのこれけっこう前ですから
          直後の方がいいなやっぱ 感動薄れてるもんねぇ


          ここで ちょっと絵を置いておきます^^;
          紅蒼ということで まだ途中ですー2016-08-11 21.19.29.jpg

           


          忙しくて ホントに 全然 ぜーーーーんぜん コミッションズの準備ができないですが
          一応 ネットの工事が開通して 環境が整ったらやります〜
          なんせビギナーなので 予定は今月は3日間だけ募集するつもりです
          8月 19日、20日、21日とかね……

           

           


          click here
          ↓↓↓↓↓↓
          にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
          にほんブログ村



          Tumblr Twetter Instagram pinterest lastfm facebook deviant-art flickr google-plus TINAMI

           

           

           


          そんじゃまた〜
          ノシ

           


          バリー・リンドンとかカイロの紫のバラとか

          0

            「バリー・リンドン」(Barry Lyndon)
            1975年イギリス映画。スタンリー・キューブリック監督作品。
            バリー・リンドンの前に 偶然にも? 偽キューブリックが偽月面着陸を撮影するコメディ映画を
            観たばかりでwww あれはホントに馬鹿馬鹿しい映画だったんですけど
            この 本物のキューブリック映画は めっちゃくちゃ凄くて . . . . 思い出せばため息が出ます
            具体的にここが良かったなんて言うと それ以外はそうでもなかった?みたいになってしまうので
            とても簡単には言葉にできません
            この人の脳内のイメージとは 一体どうなっているのでしょう 映像の神だと思います
            とりわけ美術は 完璧なまでに美しくて 18世紀欧州の耽美で優雅な世界が 眼を保養するのです

            また 当時の若いライアン・オニールはイケメンで可愛くて バリーそのものだし
            リンドン夫人の人形のような美しさが これまた素晴しかったです
            物語の展開もまた 奥深い情緒に満ちていて あぁぁうまく言えないっす
            もどかしいなぁ…… 久々に本物の名作を観た気がします 観てよかった
            いや 観ないとダメだコレは…;;

             

            「カイロの紫のバラ」(The Purple Rose of Cairo)
            1985年アメリカ映画。ウディ・アレン監督作品。
            ウディ・アレン映画 久しぶりに観ましたね しかも お待ちかねの映画です
            1930年代のアメリカが舞台で 他にたいした娯楽がない時代の
            煌びやかな銀幕の世界! 映画黄金期と言えるかもしれない頃のお話で
            冴えない 若い主婦(ウエイトレス・ど天然キャラ)が主人公なんだけど
            とにかく映画好きで 映画にどハマりしてて 夢中な彼女に とんでもない
            奇想天外すぎる出来事が起こるんですよねぇ…

            ここのあたりまでのストーリーで
            えぇぇぇぇええ!  んなアホなーーー!どゆこと!?ってなってたんですが
            そのあと観ているうちに 私が夢中で観てましたよwww

            すっかり 主人公に感情移入していました

            うぅぅぅ
            この映画はハッキリ言うと 言ってしまうと ハッピーエンドではなくて
            こんな風に ロマンスを描かれてしまうと
            女性の観客の中には怒りだす人もいそうですが
            悲しい結果に終わります

            なので 私は これは浮かれたロマンスを描いた映画じゃなかったんだと思いました
            そんな 子供だましな 単純な映画ではなくて
            夢物語から 一転して 辛い現実を生きていくしかないと思い知らされるんです

            いろんな意味で 忘れられない映画になりました


            さて 今回 感想を書いた 2本の映画から感じたことに
            共通点がありまして……
            長い長い時代にわたる 男社会の中で
            女性とは これほどまでに 自分に選択肢はなく
            パートナーの男性に翻弄されるだけの人生を生きているんだと
            つくづく 客観的に思いました

            **********************************************************************************

            紅雀さん 少し塗りましたっすー

             

            scskoujak.jpg

             


            そんじゃまた

            ノシ

             

             


            click here
            ↓↓↓↓↓↓
            にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
            にほんブログ村

             

             

            Tumblr Twetter Instagram pinterest lastfm facebook deviant-art flickr google-plus TINAMI

             

             


            ムーン・ウォーカーズとかリク絵など

            0

              「ムーン・ウォーカーズ」(Moon Walkers)
              2015年フランス、ベルギー映画
              えぇぇ かなり馬鹿馬鹿しいコメディーなんですけど
              なんかちょっと憎めない可愛らしさがあるんですよね . . . .
              笑いのセンスは わりと好きなタイプだし
              映像もそれなりに良かったって思います
              なんちゃって'70年代みたいだけど…; 楽しかったw
              当時のサイケデリックさを 悪ふざけで再現してる?感じ?
              アメリカを 軽くディスってると言える . . . . のかなぁ?w
              この月面着陸のでっち上げという着想はまぁ ありふれていたかもですね


              やっぱアレですかね 役者さんの愛嬌ですかね^^;

               

               

              最近描いていた キリリクの絵は完成していまぁっす

              Natsumi_mini.jpg

              楽しく描かせていただきました

              また 次のキリ番 みなさまよろしくお願いしますぅ

               

               

               click here
              ↓↓↓↓↓↓
              にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
              にほんブログ村


              それでは〜
              また〜

               

              あっ 鈴村健一って言っておこう . . . .


              「柳と風」「リトル・ダンサー」+ノイズ絵

              0
                「柳と風」(WILLOW AND WIND)
                1999年イラン・日本映画
                ストーリーはものすごくシンプル極まりないんですけど
                もう ホントに最初から最後まで 主人公の小学生の少年が
                まるで我が事のようで; 感情移入半端なかったです^^;
                つら……;;;;;もう 小さな事ではあるんだけど 次々と困難が迫ってくるし
                でも 自分でなんとか頑張るあの姿には 多くの人がシンパシーを感じるかも

                田舎で どこも不便で 走って走って あぁぁ こんなの子供の頃
                あったあったーーーって思いました
                ガラスをゲットしてからも 更に過酷!うぅぅぅ 怖い怖いぃぃぃ
                ずっとハラハラし通しでしたw
                ホント頑張ったね 偉い偉いって言ってあげたいw


                「リトル・ダンサー」(Billy Elliot)
                2000年イギリス映画
                たまたまだけど 2本続けざまに 小学生の男の子が主人公の
                映画でしたねぇw
                しかも わりと最近 男性バレリーナの話とか家族でしてたのでした
                女の子は習う子が多くて 特に問題なく普通にやれるんだろうけど
                男の子の場合 家庭がそういう事に縁がなかったり 公立の小学校とかに
                通っている 一般的な子が あんまり自分から 「僕 バレエやりたい!」って
                ならなさそう…珍しいケースだろうね みたいな話題していたところに
                この映画を観たんですよねー

                案の定 炭坑夫の家庭で お母さんは他界しているし男所帯+おばあちゃん
                なかなか少年の バレエ好きは理解されなかったですね
                あ、 おばあちゃんは 少し耄碌していて どこまで考えて言っているのか不明だけど
                そこそこ孫の肩を持ってくれてる感じだったけどw

                私はなんつうか    一応 親という立場でもあるし 長子(お兄ちゃん)のあの立場も
                そんでもちろん 昔、子供だったから みんなの気持ち理解できた気がする
                うーーー . . . . . 特に ダッドあなたの気持ち痛い程解るよ ちょっと涙出たもん
                ストが終わって良かったね って一応思うけど 炭坑もいつまでも続かないですし
                労働者の辛さも 古い家族制度のような意識も 時代とか新しい子供たちによって変わっていくし
                そういう深いところが描かれていて すごく良い映画でした 感動しました


                **************************************************
                映画感想 以上です

                ノイズの絵をいくつか 描きはじめてます
                もちろん 誕生日用ですよぅ〜
                2016-06-09 21.48.33.jpg



                あぁぁ やっとブログ書けたぁ
                サマソニ行きたいなぁ 20日(土)大阪の!!!




                click here
                ↓↓↓↓↓↓
                にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
                にほんブログ村


                 

                ビッグ・リボウスキとか羅生門+(絵続き

                0
                  「ビッグ・リボウスキ」(The Big Lebowski)
                  1998年アメリカ映画
                  コーエン兄弟 監督作品です
                  この時代のアメリカらしいと言える映画じゃないでしょうか
                  ファックと言い過ぎるクレイジーなコメディタッチの映画で
                  キャラクターが まるでコミックのようにデフォルメされていて
                  なんか スポンジボブでも観ているような気がしましたw
                  ビジュアルのセンスが凄く良くて 物語も楽しかったです
                   
                  不思議なくらい なんだかいつのまにか
                  この 変な空気の映画というか 個々のキャラに
                  魅力感じちゃうんですよー^^;

                  「羅生門」
                  1950年日本映画
                  羅生門は芥川龍之介の原作も読みましたし
                  この映画も たぶん観たの3度目です

                  若いぃ みんな若い〜〜〜
                  三船敏郎が……いつ観ても 男前だなぁ
                  こんな日本人俳優 この人だけだと思う
                  そして 何故か 今回観た映画がどっちも
                  変わったサスペンス的な映画です 偶然…w

                  古い映画ですが 映像は結構きれいでした
                  でも 音はちょっと良くなかったかな
                  大声は音割れするし 小声は何言ってるか
                  聞き取れない箇所が少しありました
                  流れでなんとなく 内容は想像できますけど…
                  凄い映画です 今でも輝いていると感じます
                  監督が素晴しいと思います
                  感動しました(●´∀`●)


                  感想終わりです
                  毎回 自分の文章が どれも酷くて
                  泣きそうです ; ;
                  だから こんな感想でも
                  書かなくなったら もっともっと
                  文章苦手になると思って続けてます(;´Д`)



                  そういや 今日は 特に出かけることもなく
                  家で絵の続きを描いたりしてました〜

                  2016-05-29 21.15.29.jpg


                  もう少しで 完成ですかねぇ . . . . .



                  click here
                  ↓↓↓↓↓↓
                  にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
                  にほんブログ村


                  ではではー
                  ノシ


                   

                  映画3本と 線画など

                  0
                    「デッドゾーン」(The Dead Zone)
                    1983年アメリカ映画
                    スティーヴン・キングの原作映画 久しぶりに観た〜
                    一時 ホントに流行ってたなぁ スティーヴン・キング原作映画だらけの
                    時代もあったと思います . . . . そんでもって
                    この映画を観たかったワケは クリストファー・ウォーケンの若い時の映画を
                    観たかったからなんですが
                    でも デッドゾーンは初めて観る映画じゃなくて
                    TVなどで 部分的に観たことが2回あったんですよね〜w
                    それで ちゃんと最初から最後まで通しで1度は観たかったんですねぇ

                    小学生ぐらいの時に たぶんTVとかで ディア・ハンターの
                    銃でロシアンルーレットをやっていて みんながそれにお金を賭けてるシーンを
                    観たことがあって
                    後々 自分が大きくなってからあの時 死んじゃった若い兵士の役を
                    演じてたのがクリストファー・ウォーケンと知ったのですよ
                    なんとも言えない セクシーなような妖艶なような不気味なような記憶が…
                    子供の頃から なんか気になってたんですよねーw

                    思い出話はそれくらいで . . . .

                    やっとちゃんと観て よくわかりました
                    少し古典的な 能力系SFで
                    当時の感覚がわかりやすく まるで少年マンガのようでした
                    ストーリーは シンプルかつ 感動的要素もたっぷりあって
                    おもしろかったです
                    クリストファー・ウォーケン演じる 主人公のジョニーが
                    時々 ブラマヨ小杉のニカッってわざとやる笑顔のように
                    ニコっと笑う . . . . 不思議な笑顔 可愛い . . . . 少し不気味でw

                    そういや (たぶん)80年代は もしや核爆弾のスイッチは
                    気軽に押されるんじゃないか的な そういう心配がやたらネタに
                    なってたんじゃないかな マジメな意味でもコメディーでもね

                    「007 スペクター」(Spectre)
                    2015年イギリス映画
                    昔から大好きで 全作観ている007シリーズ!
                    今回も しょっぱなからクギづけでした
                    あの 序盤のヘリコプターのスタント 凄すぎでしょーーーー!!!!!!
                    どうなってるんですかアレ!ww
                    もう まじで〜〜 どんどん クオリティー高くなっていくし
                    これもう 次どうするんですかーーーー!?ってなるわwww

                    それに最近の007は 新たな人気者がいますね Qは良いキャラだなぁって思います
                    はぁ . . . . 相変わらず車 カッコええなぁぁぁ
                    私 子供時代から 007ファンだったけど 今も同じ感じでワクワクしてるんだと思う
                    世界を股にかけて 飛び回る様が ホントに格好良くて憧れてたんだなぁ . . . .
                    そのせいで 今でも 正直、 ちょっぴり ハリウッド映画糞って . . . . 思う節がww 偏見だよー

                    本作はですね またタコなの?タコ好きなの?ってなったけど
                    本当の意味は私は全く理解していません
                    ヒロイン可愛かったです(●´∀`●)


                    「ザ・レイド」(The Raid : Redemption)
                    2011年インドネシア映画
                    はぁぁ この映画はびっくりしました . . . . .
                    ほぼ!全編 暴力一色という感じで ここまでとは!!!
                    ハッキリ言って めっちゃめっちゃ良かったですーーー.。゚+.(・∀・)゚+.゚
                    前半は結構 銃器やら刃物やら 物騒な武器中心のバイオレンスで
                    えげつなく激しくグロく 眼を背けたくなるような迫力
                    容赦なかったです!
                    制作者や出演者の話を聴くまでもなく
                    観ているうちに なんとなくは「北野たけしっぽさ」を感じました
                    やはり 影響を多少受けてらっしゃるようでした

                    後半は 素手での格闘中心になって
                    あれは カンフーとはまた違うと思うんですけど
                    なんていうのかな . . . . ただ 警棒までは感じなかった
                    台本通りの殺陣っぽさが少々 . . . . .  でも 凄いかっこ良かったです!
                    あと ロケーションがとても良くて そこも際立ってました
                    イコは見た目も良いし もっと人気が出ればいいな〜って思います
                    最近では 3月に観たSTAR WARS フォースの覚醒に出演しているので
                    少しはメジャーになったのかな?
                    ジャッキー・チェンくらいの知名度になって欲しいな〜w
                    やっぱ インドネシア映画って日本人にも馴染みないかなぁ . . . .


                    近いうちに 日本と共同で作ったぽいレイドの続編も観たいです

                    ********************************************************************
                    映画感想おしまいっすー


                    なかなか 忙しいというか わりに遊んでもいますが
                    絵を描く時間 減っているうえに
                    優先して描いているのがありますので……
                    リクエストの分とか後回しになっていて すみませんです
                    それに 一向にコミッションも開始しませんし
                    好きな絵も もちろん描いてなくて
                    自分も なんかちょびっと . . . 色々下がってます;
                    モチベーション的なヤツが…

                    他の人の絵で 自分が好きなキャラを見ると
                    うわぁいいなぁ〜 私も 描きたいぃぃぃみたいな気持ち
                    ちょっとある . . . . ^^;

                    YouTubeのも ちび6人 ここぐらいまで出来ているので
                    2016-05-15 13.13.01.jpg
                    あとちょっと 頑張ろうっと


                    今日まで スーパーマーケットで お米が特価なんで
                    買いに行きまーーーーーっす


                    click here
                    ↓↓↓↓↓↓
                    にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
                    にほんブログ村


                    ノシ

                    (漢字の誤変換を修正しました)

                    パラダイス・ナウとかその他

                    0
                      「パラダイス・ナウ」(Paradise Now)
                      2005年パレスチナ、フランス、ドイツ、オランダ合作映画
                      はぁ 驚きました . . . . 凄かった . . . めっちゃ素晴しい映画でした
                      ここまでとは期待していなかったので ホントにね
                      イスラエル軍に占領されているパレスチナの青年の自爆テロまでのお話というか…
                      どの世界であっても若い人たちの感性が この映画をまるで青春映画のように見せるし
                      あえて そこは 観る人の共感を呼ぶように作ってあるのかもしれないですね

                      なので 最後の方まで観て この映画は ここの現実に直面している人々にしたら
                      甘々で優しすぎるのかもなぁ〜って思っていたんですよね
                      DVDの特典映像の 監督のインタビューで やっぱり監督自身もそんな感じのこと
                      言ってました でも この映画はこれでいいと私も思いました

                      それと 特典映像には 現地での撮影風景も収められているんですけど
                      まじ…凄い日常に生きてるんで この映像もあわせて観る価値ありますよ!
                      いや  この映像観るまでもなく 凄い瓦礫のロケ地だと 本編でも思いましたけど
                      そこはホラ 映画なので 本物かどうかわからないし
                      本物である必要もないじゃないですか…
                      でも 特典の撮影風景観たら うわぁぁぁひぃぃぃって思いますw

                      素晴しい映画でした〜

                      ********************************************************
                      いやぁ 今月になってから けっこうアキネーターで遊んでましたね
                      今 これぐらいしかゲームのようなものをやってませんw

                      プレイヤーがどんなキャラクターでやってるのか
                      なんとなくわかりますね . . . . そりゃねぇ今流行ってる人物とか
                      とりあえずやるんでしょうね なんか層があるっつーか
                      中年は若い頃流行ってたもの 若い人はオタクな傾向
                      その2点が特に高くて 教養の必要なジャンルはめっぽう弱いっすね

                      私もメジャーな人物もいっぱいやったんですけど
                      当然 スタンダードに入っちゃって 記録に残らないですー

                      少し希少だと ゴールド、 もっと希少だとプラチナっす
                      akiaward1.PNG

                      今日までの記録で プラチナはこんな感じ
                      akiaward15.PNG

                      ゴールドはこっち
                      akiaward2.PNG

                      どうでもよすぎな アキアワードは以上です〜


                      体調がわずかに回復しつつあります . . . . . (;・∀・)
                      今夜は数日ぶりに 3口ほど おかずも食べましたぁ〜〜

                      ちょっぴり トリップの絵も描き始めたんすよ
                      線画の半分くらいまでやりました


                      ↑これはラフをインスタにあっぷしたものですが。


                      click here
                      ↓↓↓↓↓↓
                      にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
                      にほんブログ村

                      では〜ノシ


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      ワンドオブフォーチュン

                      BLゲームオンリーイベント【Boys Limited4】

                      公式サイト

                      Wand of Fortune 2 Wand of Fortune 2 AMNESIA LATER うたの☆プリンスさまっ♪ 神宮寺レン ※「ワンド オブ フォーチュン R」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。
                      【Starry☆Sky 応援中!】
                      【DRAMAtical Murder 応援中!】 DRAMAtical Murder re:code

                      Ranking


                      blogramのブログランキング にほんブログ村 イラストブログへ
                      にほんブログ村
                      『NPO法人 アクセス−共生社会をめざす地球市民の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

                      お友達

                      BP

                      Instagram

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM