ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーとかマグニフィセント・セブンとか

0

    「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(Rogue One: A Star Wars Story)

    2016年アメリカ映画

    スターウォーズシリーズのスピンオフな感じ

    スターウォーズ本編は全部観ているけど スピンオフは

    別に見逃してもどうってことないかなぁ〜ぐらいに

    考えていたけど 観てみたら めっちゃ面白くて

    観て良かった〜〜〜〜って思いました

    いつものスターウォーズの楽しさでした

    最後のオチにもジ〜〜ンときました ちょっと泣いたもんねぇ . . . .

     

     

    「マグニフィセント・セブン」(The Magnificent Seven)

    2016年アメリカ映画

    これって 元は七人の侍を 西部劇の荒野の七人にリメイクしたヤツの最新版?

    って思って観てたんですけど 昔の荒野の七人より より現代的スマートさとか

    七人の侍に近寄せた部分があったりして 良い感じになってました

    普通にヒーロー的かっこよさ溢れる 正統派娯楽作品かなぁ

     

    近年 こういう西部劇みたいのが 白豪主義じゃなくなって

    他民族的になってきてる . . . . そういうのも今っぽい

    あぁ ホント 時代によっては酷い人種差別ぽかったもんねーw

     

     

    今回は映画の感想だけですー

     

     

     


    click here
    ↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
    にほんブログ村



    Tumblr Twetter Instagram pinterest facebook deviant-art flickr google-plus “マストドン” lastfm “pixiv”

     

     

     

     

    ノシ

     

     

     


    リップヴァンウィンクルの花嫁とかPERFECT BLUEとか

    0

      「リップヴァンウィンクルの花嫁」

      2016年日本映画

      近年観た邦画の中でも 本当にトップクラスの素晴らしさ!!!

      ここまでとは思ってなかったので ラッキーグッド

      キャスティングもとても良かったと思います

       

      まさに岩井俊二監督の作品

      ちょっと過去の作品も観たい気分です

      すごいなぁホントに

      もうこれ以上 私の稚拙な言葉では

      言いつくせないですw

       

       

      「PERFECT BLUE」

      1997年日本映画(アニメ映画)

      なんというか たまたま偶然

      リップヴァンウィンクルの花嫁と続けて観たのですが

      どちらも 何がなんだかわからないまま翻弄されすぎ主人公でしたね;

      こっちは サイコサスペンスみたいな感じでいいのかな

       

      この映画 アニメだけどまじ衝撃作でしたよ

      すごいなぁ 映画はここまでやってくれるのが良いなぁ

      全然なんも予備知識はなかったんで

      正直、アニメかぁ…とかちょっと思ったりもしてたんですけど

      ちょっとプロローグ長めだったし…だがしかし!

      いやいや こんなすごい映画だったとは!!! 120%くらい満足しましたよ

       

      て ことで 映画の感想は以上です

      全然 変なことしか書けてない

      相変わらず何言ってんだコイツな感じですゴメンなさい

       

       

       

      ノイ蒼ちゃん ある程度まで描いて

      一旦ストップです

      2017-06-10 0.43.34.jpg

       

      ちゃうヤツ先に描きますー

       

       

       


      click here
      ↓↓↓↓↓↓
      にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
      にほんブログ村



      Tumblr Twetter Instagram pinterest facebook deviant-art flickr google-plus “マストドン” lastfm “pixiv”

       

       

       

       

      ほんじゃ

       

       

       

       

      ノシ

       

       

       

       

       


      映画4本感想と魂宮

      0

        「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」(Leningrad Cowboys Go America)

        1989年 フィンランド、スェーデン映画

        可愛くて面白い映画でした コメディでロードムービー

        バンドが旅する映画で 音楽も心地よかったです♪

        唯一無二な個性 あと何度か観たいほどです

         

        「レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う」(Leningrad Cowboys Meet Moses)

        1994年 フィンランド映画

        ゴー・アメリカの続編です

        前作よりハチャメチャで少し理解できないかもww 面白かったですけど

        でも これはこれでまた楽しかったです 前作のが好きだけど

         

         

        「赤い影」(Don't Look Now)

        1973年 イギリス、イタリア映画

        これは!! なかなか変わった映画でした……凄いと思います

        なんていうか 色々な場面が脳に焼き付いて離れない インパクトなんですよねぇ

        それと独特の不思議な空気は 計算されたものだと思います

        うーん 万人受けはきっとしないだろうけど 名作だと思います

         

        それと これは言っておきたいんですが

        ジュリー・クリスティの演じる 奥様が非常に魅力的で

        僕 ちょっと恋しちゃいました;;

        それに ベッドシーンも この映画の目玉かもしれません

         

         

        「ジェイソン・ボーン」(Jason Bourne)

        2016年アメリカ映画

        ジェイソンのシリーズはこれまで劇場で観てたんだけど

        この作品はDVDで観ました( ;∀;) あー 劇場で観たかったぁ

        頑張ってるなぁマット・デイモン まだまだ まーーーーだまだ アクション超カッコいい

         

        最後の方のカーアクション最高だった もう!独りでDVD観てて腹かかえて笑ったしwww

        凄すぎてもう笑ってしまうというレベルだったので!

        はぁ . . . . . 大満足でした( n´∀`n)

         

         

        -----------------------------------------------------------------

        映画感想 やっと書いたね 以上でぇす

         

         

         

        そして 絵も1つupしておきます 先日の魂宮魁です

        空蝉の廻 魂宮魁 Utsuseminomeguri Tamamiya Kai

         

         

         

         

        んーじゃまた

         


        click here
        ↓↓↓↓↓↓
        にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
        にほんブログ村



        Tumblr Twetter Instagram pinterest facebook deviant-art flickr google-plus “マストドン” lastfm “pixiv”

         

         

         

         

        ノシ


        TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬとか

        0

          「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」

          2016年日本映画

           

          上映のタイミングを逃してしまった不遇の作品だと思う

          ホントにめっちゃ良いので! 今からでも多くの人に観てもらいたい〜

           

          宮藤官九郎さん まじユーモアのセンスが良すぎる

          特に私みたいなROCK好きにはたまらんですよーーー

          サントラ欲しい

           

          一度きりの人生 どうせだったらROCKに生きたいって

          より一層 強く思うのでしたwww

           

          そういうコトなので観てくださーい

           

           

          コミッション25も描き終わりましたー

           

          ZhuWuCommission025.jpg

           

          ちょっと合間に ハッシュ描いてるですよ;;;;

          この子たちも! TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ!!!だよねぇ;;;;

           

          image3.jpg

           

           

          そんじゃまたー

           


          click here
          ↓↓↓↓↓↓
          にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
          にほんブログ村



          Tumblr Twetter Instagram pinterest facebook deviant-art flickr google-plus TINAMI lastfm “pixiv”

           

           

           

           

          ノシ


          セトウツミとかイレイザーヘッドとか

          0

            今日 イラスト1件完成したので やっとキリ番の絵に

            取りかかれるかなぁ……

             

            描いたの自分だけど 勝手に載せられる絵というか

            許可が必要なのしかないので

            今日は映画の感想にしますわぁー

             

            「セトウツミ」

            2016年日本映画

            原作の漫画は読んだことがないです;

            始まってしばらく……たぶん 半分くらい?

            うーん これ面白くなるんかなぁ…って思いながら観てました

            私も友人や身内と喋れば こんなぐらいのアホな話になりますし

            まぁ ホント 前半は まだそんな売れてない若手の漫才かコントか

            ぐらいに感じながら観てました

             

            でも 後半くらいになると なんとなく

            このシチュエーションでずっと引っ張ってるのも

            なんだか可笑しくて キャラクターも悪くないし

            うん だんだん面白く感じるようになりました

            些細な笑いでしたw

             

             

             

            「イレイザーヘッド」(Eraserhead)

            1977年アメリカ映画

            完全版

            もう 今回で8回目ぐらいだと思いますw

            観すぎやん 好きやねー(*´∀`*)

             

            久々に観ましたけど やっぱり気持ち悪いですw

            今まで 観るたびにいろんな気持ちが沸き上がったものですが

            今回はかなり 冷めた目で観てしまいました

            さすがに そろそろ飽きてきた?ww 観過ぎだからね

             

            まず 今までで 一番 デヴィッド・リンチに思いを馳せたのです

            この映画を どんな気持ちで作ったのか想像するワケです

            はぁ なんか 小学生の男の子のような気持ちがするー とかねw

             

            前から思っていたけど 男性から見た 女性の恐ろしさみたいのも

            感じるっすねぇ

            なんだかよく解らない奇妙な生き物を次々宿す女の気味悪さも

            少し解る気がするんですよねぇ…

            まぁ そんな感情は 人間的に成熟していけば消えるハズではあるのですが

            アーチスト的には そういう事をあえて消し去らずに

            突き詰めて作品で表現すると

            面白いものが出来てしまったりもするんですよねぇ

             

             

             

            今回は 映画の感想のみで

            失礼しまーす

             

             

             

            ノシ


            click here
            ↓↓↓↓↓↓
            にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
            にほんブログ村



            Tumblr Twetter Instagram pinterest facebook deviant-art flickr google-plus TINAMI lastfm “pixiv”


            ゴーストバスターズとかパリ20区、僕たちのクラスとかツォツィとか

            0

              「ゴーストバスターズ」(Ghostbusters)

              2016年アメリカ映画

              80年代に流行った「ゴーズトバスターズ」のリブート作品

              先代の良さを残しつつも新しさもあり

              サービス魂あふれるエンタメ映画でした

              もはやオジぃさんになったOZZYもちらっと出てたり

              あちこちに ちょこっとファンサービスみたいのが散りばめられています

              ダン・エイクロイド健在って感じですねぇ

              まじで楽しい映画 娯楽映画の鑑ですなぁ〜〜

               

              「パリ20区、僕たちのクラス」(Entre les murs)

              2008年フランス映画

              原作が実話ベースらしくて 映画の方も過剰な演出とか

              わざとらしいBGMなどがほとんどない ドキュメンタリーぽいイメージで

              作られた映画でした

              現実の厳しさが鮮明に伝わってきました

              都市部に暮らす 思春期の子供達って どこの世界も似たり寄ったりで

              こういう映画観たら やっぱり国籍やら人種の問題じゃない事がハッキリするね

               

              教師の側も 普通の一個人なんで 葛藤しながらやっているわけですし

              失言なんて 人間誰しもするだろうし… ねぇ

              授業中にアンネの日記が教材になっていましたけど アレいいですね

              ホントにね 一人一人の人の生き様って みんなそれぞれ かなり深いと思いますよ

              しょうむなくなんてないハズ…… 若い間は そんな事 わかるはずもないですけどね;

               

               

              「ツォツィ」(Tsotsi)

              2005年 イギリス、南アフリカ映画

              真面目な映画です なんて言ったらいいかなぁ…

              ちょっと 日本で言うなら 道徳の教科書みたいな…と言えそうですが

              私は 個人的に赤ちゃんに弱くてwww 異常に泣いてました。゚(゚´Д`゚)゚。

              普通はそこまで泣かないと思いますw

               

              音楽がすごく良かったのと 赤ちゃんが可愛すぎて それだけでやられちゃうのと

              主演の俳優さんの演技力が素晴しくて 特になんといっても目であれだけの感情を語るところ

              彼の目の素晴しさときたら!!!

               

              この映画を観る前日に ガンディーのアヒンサーについて触れる機会があったので

              武装すること、暴力を奮うことの根本にある心理がよく描かれていると感じます

              ボストンの云わんとしている「品位」も そこに繋がっている

               

              人を傷つけることに 心も身体も区別なんて必要ないです

              どっちも同じです そこは分け隔てなくていいと思います

              デビッド少年の心が傷ついたから ツォツィになったのかもしれません

               

               

               

              今回は3作品; いつものようにグダグダな感想です

              あくまで私個人が感じたことですのでヨロシク〜

               

               

              マジカルデイズ やってます

              IMG_0245.PNG

               

              育成が今 こんなカンジ . . .

               

               


              click here
              ↓↓↓↓↓↓
              にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
              にほんブログ村



              Tumblr Twetter Instagram pinterest facebook deviant-art flickr google-plus TINAMI lastfm “pixiv”

               

               

               

               

              そんじゃ 本日はこれでー

               

              ノシ

               

               

               


              「この世界の片隅に」とか

              0

                「この世界の片隅に」

                2016年日本映画。

                今週の水曜日に観てきました。感想を書くために

                いろいろと思い出すんですけど アカン!思い出すと

                泣いてしまう〜;;

                 

                この映画って制作費がクラウドファンディングっていう方法で

                集められた作品なので 特に商業的な部分がほぼ無いのですよね

                 

                映画が好きで 今までに第二次世界大戦の頃を描いた作品も

                まぁまぁ多く観てきましたけど 特に日本の映画としては

                この作品が一番好きです

                 

                もちろん私も (私の親世代でも) 戦時中の暮らしは経験していませんし

                同じ日本国内でも 行ったことがない土地なのですけど

                あの家の中も 町並みも 人々の雰囲気も

                知っているような気がしてくる程 リアリティのある 「人が生きている日常」でした

                 

                当時の一般的市民の なんと忙しいことか . . .

                いちいち なにからなにまで 手作業なんだから

                やることがありすぎるww

                すずちゃんの嫁ぎ先ったら 義姉はちょっと気が強いけど

                みんな穏やかで優しい人らでしたね そこは少し羨ましいwww

                 

                少し別の話になるんですけど 以前 NHKのドキュメンタリー番組で

                元々はお医者さんだった日本の方が アフガン方面で河川から水路を引くという

                工事でリーダーをやってらして、地元の農夫の男性達と 労働されていて

                その間も 空には激しく爆撃機が飛行しまくっているんですよね

                 

                そんで 軍でもなんでもない 一般人の居住地や学校なども

                爆撃されたり ホントに一滴の水も無駄にできない 生命を保つのも

                やっとこさの困窮している人の上に 最新鋭の兵器で攻撃するのって

                なんなのでしょうね

                 

                まさに この映画でもそう

                誰もズルい事もせず 従順にお國に従い

                ささやかに支え合って暮らしている普通の人たちに

                焼夷弾で住む家を焼き払うのはどういうことか

                飛行機から 機銃掃射する時 地面に立つ人の様子は

                ハッキリ見る事ができるんですよね それでも撃てるって凄い

                 

                攻撃する側も される側も同じ 普通の人

                家族を大事に思い 暮らしている 同じ様な人なんだからねぇ

                そんな風になんなきゃならんのが戦争であって

                人間って どういう立場になるかって問題なんすよねぇ;

                 

                 

                だから これって 広島に新型爆弾が投下されたりっていう

                それはもちろん 大問題なんですけど

                今もこの瞬間も 世界のどこかで 繰り返しやっていること

                 

                この時の戦争、 実際にあった過去のお話、っていう枠だけじゃない

                 

                いつだって この世界の片隅には

                愛し合っている人たちが

                暴力的に引き裂かれ続けていたりするって

                常に頭の片隅に覚えていなくちゃね

                 

                今も上映中の映画なので 感想はこのぐらいにしますね〜

                みなさんも観ればよろしいかと . . . (●´∀`●)

                 

                 

                 

                 

                今日は あんまり元気じゃなかったなぁ 右手がまたちょっとパンパンに浮腫んでいたり…;

                 

                少しだけど 悪魔コミッションを描き進めました 締め切りあるんだからあまり休んでられなーいっす

                 

                2017-01-28 21.24.54.jpg

                 

                依頼者さまのオリジナルキャラクターです

                なんかちょっと和風ぽい感じで 角もあるんですが 悪魔というより鬼っぽいかも

                 

                えっと 悪魔のもネコ耳のも 1件ずつもう完成してますけど

                例の 透過PNGだと 背景が黒になってしもうて

                絵のイメージ変わるんで そのままでここに載せたくないかなぁ

                わざわざ 透過じゃなくせばいいだけですけど〜

                 

                 

                 


                click here
                ↓↓↓↓↓↓
                にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
                にほんブログ村



                Tumblr Twetter Instagram pinterest facebook deviant-art flickr google-plus TINAMI lastfm “pixiv”

                 

                 

                 

                そんじゃまた〜

                ノシ

                 

                 

                 


                SUICIDE SQUADとかRazelとかVerg

                0

                  「スーサイド・スクワッド」(Suicide Squad)
                  2016年アメリカ映画。
                  いやぁ ハーレイ可愛いw
                  日本で言ったら めっちゃギャルみたいなキャラかなぁ
                  ハーレイ可愛いっていうか マーゴットが可愛いんだけど

                   

                  映画のストーリー的には わりと普通で そんなたいしたことないかも;
                  でも 絵面はすっっっっごく良いですw まさに 映画の中で言われている
                  見た目はパーフェクトだけど中身は酷いってのが反映されているんですかねぇ

                   

                  音楽も微妙な気もしたけど パラノイドは口ずさんで観たです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

                   

                  こういう映像が面白い映画は なんか絵的なもの作ってる人には
                  良い刺激っていうのか 表現の幅が広がるんだと思います

                   

                   

                  映画の感想おわりぃ


                  昨日のコノエとオッサンの絵は完成して
                  今はコミッション受付中ですよ


                  そして 別のタイプとして悪魔のサンプル描いてるところです
                  ラゼルとヴェルグです まだラフです

                   

                  2017-01-20 22.30.11.jpg

                   

                   


                  click here
                  ↓↓↓↓↓↓
                  にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
                  にほんブログ村



                  Tumblr Twetter Instagram pinterest facebook deviant-art flickr google-plus TINAMI lastfm “pixiv”

                   

                   

                   

                   

                  ではまーた
                  ノシ


                  ムカデ人間とか蓮スケッチとか

                  0

                    「ムカデ人間」(The Human Centipede (First Sequence) )
                    2010年オランダ映画
                    なんつったらいいのかな マッドサイエンティスト系ホラーというか
                    アホな映画だけど 想像の100倍くらい良かったですwww

                     

                    いやぁ まずね 本当に医学的に凄い博士とは思えない発想だよね
                    科学的知識がまだ低い 子供が考えるような人体改造でしょw
                    あぁ  . . . だけど リアリティの高い描写もあるんですよ;

                     

                    ホワイトボードに博士が描いた完成図が
                    この作品の宣材に使われているんですけど
                    初めて見た時 なんかキース・ヘリングのアートみたいなPOPさがあって
                    ちょっと可愛い気もしてたんですよ〜ww

                     

                     

                    そして 映画を観始めて 間もなく まさかこんなに
                    関西弁が叫ばれるとは思わなんだーーー!!!

                     

                    役者さんだけじゃなくて エンドロールの名前(私はいつもけっこう見ます)に
                    2名?ほど 日本人らしき名前もありましたね . . . この映画 意外だったなぁ


                    少〜〜しだけ 脚本とかキャラクター名とか 第2次世界大戦を意識してるのかな

                    とにかく なかなか面白かったです観てよかったww

                     


                    そして  年賀状というか 寒中見舞いのために描いた蒼葉とか
                    あるんですけど 実際郵送した相手の方々が観る可能性が低い所
                    dAとかTumblrとかインスタとかにはもう UPしちゃったのですけど
                    このブログとか 支部とか もうちょっと後にしておきます あんまり意味ないかもだけど

                     

                    なので 今日描いた 蓮のラフでも……

                     

                     

                    image1.jpg

                     

                     

                    今日はせっかくの成人式が雨で 晴れ着が汚れそうですね;


                    click here
                    ↓↓↓↓↓↓
                    にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
                    にほんブログ村



                    Tumblr Twetter Instagram pinterest facebook deviant-art flickr google-plus TINAMI lastfm “pixiv”

                     

                    そんじゃまた〜〜

                     

                     


                    はじまりのうたとか絵とか

                    0

                      「はじまりのうた」(Begin Again)
                      2013年アメリカ映画
                      音楽を奏でたくなるハッピーな映画だったけど
                      でもまぁ . . . ハッピーすぎるかなぁ;;


                      うまくいき過ぎだろ!ってツッコんじゃったwww

                       

                      だけど 生々しいニューヨークが背景で
                      私の個人的な思い出があふれかえりました


                      登場人物たちの 置かれている状況にも共感しました
                      感情移入しやすかったです

                       

                      それに 音楽業界の常識も時代とともに
                      変わっていくって話なんだけど
                      たとえば 音楽に限らず 芸術的なこととか
                      至高性のものを金銭に換えるなら
                      今のやり方が 昔より純粋に思う

                       

                      業界人がアーチストを売り
                      アーチストに儲けさせてもらう
                      需要と供給 共生共存のごとく
                      今まではそういう感じだったけど
                      今はアーチストがどこと契約しなくても
                      配信できるわけですよ

                       

                      その分 誰でもアーチストなので 埋もれちまうんで
                      誰にも注目されず 誰にも知られないままってこともありですよね


                      まぁだから みんなどっちもそれなりに
                      やればいいんじゃないですかねぇ

                       


                      映画の感想は以上でえす

                       

                       

                      この前からずっと描いてた ストーンズのポーズ使わせてもらってる絵を
                      最後まで描きました〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚。

                       

                      ノイズ ミンク Noiz Mink DMMd
                      めっちゃ時間かかってしまった…
                      早速 注文も承りました ありがとうございます


                      そんじゃ 注文された絵を描きまする〜

                       

                      でも けっこう頭痛がキツいかなぁ( ;∀;)

                       

                       


                      click here
                      ↓↓↓↓↓↓
                      にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
                      にほんブログ村



                      Tumblr Twetter Instagram pinterest facebook deviant-art flickr google-plus TINAMI lastfm “pixiv”

                       

                       

                       


                      ノシノシ

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      ワンドオブフォーチュン

                      BLゲームオンリーイベント【Boys Limited4】

                      公式サイト

                      Wand of Fortune 2 Wand of Fortune 2 AMNESIA LATER うたの☆プリンスさまっ♪ 神宮寺レン ※「ワンド オブ フォーチュン R」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。
                      【Starry☆Sky 応援中!】
                      【DRAMAtical Murder 応援中!】 DRAMAtical Murder re:code

                      Ranking


                      blogramのブログランキング にほんブログ村 イラストブログへ
                      にほんブログ村
                      『NPO法人 アクセス−共生社会をめざす地球市民の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

                      お友達

                      BP

                      Instagram

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM